レンズテスト(SEL1670Z) その1

SONY E-mount用Zeiss標準ズームSEL1670Zを手に入れて、
京都旅行に行きました。
そのとき撮った写真も、それなりに現像できたんで、
久々のレンズテストやってみようと思います。

まず、広角端16mm(FF換算24mm)の開放の検証から。

NEX-5R+SONY CarlZeiss Vario-Tessar T* E16-70mm F4 ZA OSS(SEL1670Z)
~Lightroom4.4
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_23592321.jpg


被写体は「赤山禅院」の仏像です。
手前から3体目の仏像にフォーカスしてますが、ちょっと画像が暗すぎてBokehがよくわからないですね・・・
F4開放で広角端っていう写真がすごく少なかったので、こんな作例になってしまいました。

さすがにAPS-CでF4の広角ですので、Bokeh量は多くありません。
でも、汚いBokehではないかな・・・嫌な感じではないと思いました。

続いて、フォーカス部分の等倍切り出し画像をどうぞ。
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約800×600でUPしてます)
b0215507_05377.jpg


今までのSony-Zeissのズームのイメージで、開放はもっと甘いと思ってたんですが、
かなりシャープに結像してます。
石の質感までわかるぐらいだな、と。

次回は、中間焦点距離での描写を検証していきます。
乞うご期待?!
[PR]

by takuya2728 | 2013-12-03 00:32 | 機材 | Comments(0)