レンズテスト(SEL1670Z) その2

SEL1670Zのテスト第2回目です。
今回は中間焦点距離の開放作例をチェックします。

一般的に標準ズームと言われるレンズは、通常F3.5-5.6というように、
広角端はF3.5でも望遠端ではF5.6になる物が多いんですが、
このレンズは16mmから70mmまで開放F値は4.0で変わらず。
ボクは絞り開放でほとんどの写真を撮るんですが、
ズームすることによってF値が勝手に変わらないから、通しのズームはすごく使いやすいですね。

NEX-5R+SONY CarlZeiss Vario-Tessar T* E16-70mm F4 ZA OSS(SEL1670Z)
~Lightroom4.4
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_23351537.jpg


作例の焦点距離は40mm(FF換算60mm)です。
さすがにF4.0なので、ボケ量はそんなに多くは無いです。
ズームしてるから、周辺光量も十分。全く気になりません。
フォーカスポイントは灯篭の笠の部分ですが、そこの解像が皆さん一番気になりますよね。
それでは等倍切り出しです↓
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約800×600でUPしてます)
b0215507_23401118.jpg


この日は曇り空で、少し雨がパラつくてんきだったんで、若干ノイズが乗ってます。
ただ、開放でコレだけ解像すれば個人的には安心して開放で使えると思います。
また後日UPしますが、絞ればモチロン解像もキレキレになってきます。

ちなみに、この写真は京都一乗寺の「金福寺」の庭園です。
次回の第3回目は望遠端の開放をチェックします。
[PR]

by takuya2728 | 2013-12-05 00:27 | 機材 | Comments(0)