ブルーインパルスin姫路 その5

もう一発『スワンローパス』でお送りします今日のBlog。
なんでかというと、
APS-Cに250mm程度の望遠をつけて、
ほぼ真下からどれくらいの大きさで撮れるの?
という疑問の答えです。

K-3 Prestige Edition+smc PENTAX-DA 60-250mmF4ED [IF] SDM
~Lightroom5.7
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_23401893.jpg

ShutterSpeed:1/1250
Aperture:F7.1
iso:125
WhiteBalance:Auto
FocalDistance:250mm

35mm換算で375mm程度です。
もちろんノートリミング画像です。
なので、よくある70-300mmっていうレンズをつけると、もっと大きく撮れます。

トリッキーな動きをしないとはいえ、PENTAXの動体AFも良くなったもんだ・・・
[PR]

by takuya2728 | 2015-04-09 00:37 | その他 | Comments(2)

Commented by xylishcool at 2015-04-09 08:23
実はK-5+18-135mmを持って行ったのですが、車に忘れてしまってました。広角側も必要だったので高倍率ズームは欲しいところですが、キヤノンのは持っていなかったです。しかしブルーインパルスとはいえ青って分かりませんでした。ずっと煙幕の白いのが印象に残っています。
Commented by takuya2728 at 2015-04-09 22:50
135mmでは望遠側は苦しかったと思います。一緒に行ってたヤツがSigma50-150F2.8だったんですが、撮影中ずーっと悔しがってましたから・・・