レンズテスト(SAL50F14Z) その1

松島基地編の続きをお送りしようかと思ったんですが、
結構前から準備してたんで、久々にレンズテストです。

今回のレンズはSonyのKing of 標準レンズ
Planar T* 50mm F1.4 ZA SSMです。

Planarといえば、Zeissの中でも古くからの定番ですが、
その中でも1.4/50といえば、王道中の王道です。
今年の年初頃に買ったんですが、α99を入手してやっと本来の画角で使えるようになったんで、
ちょっと使ってみての感想です。

撮影地は京都の『愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)』です。

α99+SONY CarlZeiss Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM(SAL50F14Z)
~Lightroom CC(6.0)
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_2237269.jpg

ShutterSpeed:1/640
Aperture:F1.4
iso:100
WhiteBalance:Daylight
FocalDistance:50mm
※LightroomにてRAWファイルをストレート現像

まずは、絞り開放の作例から。
さすがにF1.4の開放は被写界深度が浅すぎですが、ここではBokehに注目です。
最新のレンズ設計では、玉ねぎボケなんかが起こる傾向になりますが、そんな感じは無いですね。
ただ、多少ざわついた感じがあるような気はします・・・
ピントの合ってる部分のシャープさは、まぁ及第点ですかね。
1段絞ってF2、もう1段いってF2.8とかになると、シャープネスに関しては合格です。
ちょっとわかり辛い作例ですが、周辺光量落ちも、1~2段絞れば無問題になります。
絞り開放では、まぁまぁ70点って所でしょうか?

次回は、絞り込んだ作例を検証してみます。
[PR]

by takuya2728 | 2015-06-04 00:28 | 機材 | Comments(2)

Commented by xylishcool at 2015-06-04 10:02
ボケは難しいですね。F1.4開放でも撮りますが、F2ぐらいでないと安定しない方がフルサイズでは多い様な気がします。
Commented by takuya2728 at 2015-06-04 22:46
やっぱり、F1.4って無理してますよね。ピントも極薄だし、周辺光量落ちも激しいし、シャープネスもイマイチ。
F2~2.8ぐらいに絞ったほうが神経質になり過ぎないし使いやすいですよね。