なんちゃって流し撮り

今やデジタルフォトにとって、Photoshopは無くてはならないものとなった感があります。
グラビアアイドルの補正とかはちょっと信じられないぐらいのレベルで変わります。
最近は履歴書の写真まで補正してくれるんだとか・・・

そんな、Photoshopは下手っぴの味方でもあります。
今日は「失敗した流し撮りをPhotoshopで修正しちゃえ」の巻です。
まずは、今日の作例です。

α99+SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM(SAL70300G)
~Lightroom CC(6.6)
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_23243322.jpg

笑っちゃうぐらい下手な作例を持ってきましたw
高級機材でも使い手がダメならこんなもんです。
シャッタースピードは1/160ですから、旅客機の離陸でそんなに流せる訳ありません。
今日はコレを修正してみましょう。

まず、飛行機の機体を丁寧に選択します。(①)
「クイック選択ツール」を使い直径や間隔を調整しながら、丁寧に囲って選択します。
機体をキレイに選択し終えたら、その選択部分を反転します。(②)
上メニューの「選択範囲(S)」→「選択範囲を反転(I)」でOKです。
これで機体部分以外が選択されました。
b0215507_23305220.jpg

いよいよ、ここから擬似流し処理をします。
上メニューの「フィルター(T)」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」を選択。
ウィンドウが現れたと思います。
今回は平行に流すので、角度は0度です。ちなみにコレを調整すれば斜めに流せます。
ポイントは距離です。
この距離によって画像のスピード感が変わってきます。
今回は「20pixel」にしました。
「OK」すると完成です。
( ↓ クリックして頂くと大きくなります。約1,200×800でUPしてます)
b0215507_23355162.jpg

ちょっと、やっつけですが、それなりに流し撮りっぽいでしょ?
ちなみに、距離を「100pixel」とかにすると、こうなります↓
b0215507_23365495.jpg

明らかにヤリすぎですね・・・どんだけ速いんだ

今回は、いつもとちょっと趣向を変えて、簡単Photoshop講座をお送りしました。
[PR]

by takuya2728 | 2016-06-15 00:18 | その他 | Comments(0)